メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝手に調べました

カレンダーはなぜ日曜日から始まるものが多いの?/最近「死後離婚」が増えているのですか?

壁掛けカレンダーは日曜から始まり、手帳は日曜で終わるものが多い

 Q カレンダーはなぜ日曜日から始まるものが多いの?

 実は特に決まりはありません。世界的に見るとキリストが復活した日とされる日曜始まりのものが多いようですが、国や地域、宗教によって異なります。全国カレンダー出版協同組合連合会によると、同連合会に加盟するカレンダーメーカーは全国に約30社あり、年間約1億部を作っています。企業が宣伝用に作るカレンダーなども含めるとかなりの数になりますが、ほとんどが日曜始まりです。

 一方で、手帳は月曜から始まっているものが多いです。一般社団法人日本カレンダー暦文化振興協会理事長の中牧弘允・国立民族学博物館名誉教授は「ビジネスと関係している」と指摘します。最近は手帳に合わせて壁掛けカレンダーなどでも、月曜始まりのものが増えつつあるそうです。

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです