メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・加藤登紀子

Tokiko’s Kiss 対談 加藤登紀子×美輪明宏 人生は闘いの連続

加藤登紀子さん(左)と美輪明宏さん=東京都千代田区の毎日新聞本社で2017年8月8日、外部カメラマン・御堂乗義さん撮影

 シャンソン歌手やシンガー・ソングライターとして道を切り開いてきた美輪明宏さん(82)。半世紀以上にわたって舞台を見続けてきた加藤登紀子さん(73)とともに闘いの道程を振り返りました。【構成・上東麻子、写真・御堂義乗】

加藤 1957年にビジュアル系で歌った「メケ・メケ」は一世を風靡(ふうび)。きっかけは?

美輪 東京・銀座にあったシャンソン喫茶「銀巴里(ぎんぱり)」の経営が傾いていたころ、パリのカフェでボーボワールやサルトルが取り巻きと一緒に撮った写真を見てひらめいたんです。平安時代は公家の男が化粧していたし、鎌倉時代、元禄時代もしかり。日本文化復活の一助になればと思い、ビジュアル系を始めたんです。

この記事は有料記事です。

残り1905文字(全文2207文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです