メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴミ集積場近くで、仲良くなった女の子の住まいを訪れる鈴さん(右)。「この小さな部屋の隅で、姉や妹たちと身を寄せ合って眠るのよ」と案内してくれたクリスティーンちゃん(中央)

 さびの目立つ鉄扉をくぐり、湿気を帯びた空気のよどみにたじろぎながら奥へと進む。すると鉄格子の向こう側、薄闇の中の瞳が一斉にこちらを向いた。フィリピン・マニラの青少年鑑別所。70人近い青少年たちが、小さな部屋に押し込められていた。この日、彼らの元に2人の日本の中学生が訪れた。千葉県に住む柳田(やなぎだ)峰雄(ねお)さん(13)と、長崎県の山辺(やまべ)鈴(りん)さん(15)は、NPO法人「国境なき子どもたち」のプロジェクトで、この国の子どもたちを取材していた。実は私も高校生のとき、この「友情のレポー…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです