メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6度目のW杯へ

サッカー日本代表/下 理解深め、磨きを

W杯出場を決めたオーストラリア戦の後半、ドリブルで攻め上がる乾(右から2人目)=埼玉スタジアムで2017年8月31日、長谷川直亮撮影

 今年6月、テヘランでの最終予選イラク戦の前日。岡崎(レスター)は報道陣の質問に苦笑いした。「そこを今、すり合わせながら。(監督就任から)3年目で、そういう話し合いをしているのもおかしな話だとは思うが」。監督と選手は同じ戦い方を描いているのか--。そう問われた時の答えだった。

 ハリルホジッチ監督が要求する「球際の強さ」「縦の速さ」は現代サッカーで不可欠な要素だ。激しいプレスでボールを奪ったら手数をかけずに前へ。引いて守る相手に対しボールを保持して回しながら崩す従来の「アジア仕様」ではなく、格上と戦うワールドカップ(W杯)本大会から逆算し、基本理念を徹底して植え付けようとしてきた。

 規律を守る日本の選手たちは、監督の指示に懸命に従おうとする。その分、急ぎ過ぎて、精度を欠く雑なプレ…

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 慶大アメフット部を事実上の降格処分 関東学生連盟 部員の不適切行為で

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 大学アメフット界またも…慶大部員、女子風呂“悪質”盗撮…無期限の活動自粛(スポニチ)

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです