メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

Jリーグ・ルヴァン杯 浦和の猛攻耐える

 (3日)

 同点で迎えた終盤。第1戦が無得点での引き分けだったので、このままならセ大阪が敵地でのゴール数で上回り、ベスト4へ進む。しかし、浦和に1点を取られれば立場はたちまち逆転する。残り20分から、ホームの声援を受け、浦和の波状攻撃の激しさが増した。攻める浦和と耐えるセ大阪の構図が続く。

 ロスタイム。左からのクロスをヨニッチがはね返せば、興梠の至近距離からのシュートをGK丹野が懸命にセーブする。前線に1人残った水沼は、体を張って後方からのクリアボールをCKにつないで時間を稼ぐ。セ大阪の尹晶煥監督の「粘り強く耐えて守った」という言葉がすべてだ。

 攻撃の要、杉本が日本代表で不在の中、ヨニッチのヘディングで先制点を挙げ、前半終了間際に丸橋のFKで追加点。組織的な守りも機能して、完璧とも言える前半だった。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「はやぶさ2」とカプセルの撮影に成功 京大・岡山天文台と鳥取市の施設

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  4. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  5. NHK、スリム化必須 「受信料、義務化し値下げを」 高市早苗前総務相が寄稿

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです