メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井四段、森内九段に勝利 公式戦初、永世称号資格者降す NHK、異例の生放送

勝利して笑顔の藤井聡太四段=日本将棋連盟提供

 将棋の中学生棋士で現役最年少の藤井聡太四段(15)が3日、東京都渋谷区のNHK放送センターで行われたNHK杯トーナメント2回戦で森内俊之九段(46)に94手で勝ち、ベスト16へ進出した。名人8期で十八世名人の資格を持つ森内九段を破る殊勲の白星で、永世称号資格者に公式戦で勝ったのは初めて。NHKでは2008年以来2度目の生放送を行った。

 初めての連敗も2で止め、通算成績は39勝5敗となった。後手番となった藤井四段は、森内九段が得意とす…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文475文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです