メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 くらしナビ/くらしナビ/ストーリー

 ◆くらしナビ

    吉村萬壱さん「絵を描く」 5日・火曜日

     文化人、識者らの嗜好(しこう)を紹介しながら本業との関わりなどをたどる「たしなみの文化考」に、作家、吉村萬壱(まんいち)さん(56)が登場します。執筆のために借りた民家には、絵を描くためのアトリエも。「ここにいるときはストレスがまったくない」。その腕前が知られ、近年は漫画本の刊行や造形作品を含む個展を開催しています。没頭する理由を聞きました。

     ◆くらしナビ

    カープ丸選手「親ありて」 6日・水曜日

     プロ野球セ・リーグで首位を走る広島カープ。その不動の3番打者が丸佳浩選手(28)です。母の利栄さん(51)によると、幼いころから、人並み外れたやんちゃぶりを発揮したといいます。父浩二さん(54)の教育方針は「ウソをつくな」「弱い者いじめをするな」「時間を守れ」。おおらかな両親と自然豊かな古里の千葉県勝浦市が丸選手を育みました。

     ◆ストーリー

    弁護士会長は韓国人・白さん 10日・日曜日

     今年度の兵庫県弁護士会長を務める白承豪さん(55)は韓国生まれの韓国籍。日本初の外国籍弁護士会長です。幼いころに交通事故で右腕を失い、小学生の時に家族で沖縄へ移住。言葉のハンディと片腕のコンプレックスに苦しみながら、持ち前の負けん気と努力で幾多の困難を乗り越えてきました。「日韓の懸け橋」を自任する白さんの波乱の半生に迫ります。


     掲載日や内容は変更することがあります。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
    2. ORICON NEWS 戸田恵子、鶴ひろみさんしのぶ「とにかく悲しい」 “3日前”の約束「いつか守れたら」
    3. 読みトク!経済 サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 所得税控除、見直し必要?=回答・中島和哉
    4. 森友 籠池氏、勾留4カ月 保育園などの対応できず焦りも
    5. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]