メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀伊半島豪雨

6年 今、防災士 次は守る 奈良・十津川の65歳/風化させぬ 和歌山・新宮に祈念公園

豪雨災害の爪痕が残る村内で、当時の様子を語る佐古金二郎さん=奈良県十津川村で、数野智史撮影

奈良・十津川の65歳 「侮り、命取り」

 2011年9月の紀伊半島豪雨による水害で死者・行方不明者が13人に上った奈良県十津川村で、日本防災士会に所属するただ一人の防災士、佐古金二郎さん(65)=同村小原=が、村民の防災意識向上に向けて奔走している。水害のあったその年に防災士になった佐古さんは「あの大水害を経験した防災士として、もう誰一人として犠牲になってもらいたくない」。6年の節目を迎え、覚悟を新たにする。【数野智史】

 防災士について知ったのは11年7月ごろ、地域での避難訓練に初参加した時だった。村役場に集まった約1…

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1320文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  4. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  5. 長崎新聞社長がセクハラ発言か 女性社員に「愛人やろうもん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです