メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀伊半島豪雨

6年 今、防災士 次は守る 奈良・十津川の65歳/風化させぬ 和歌山・新宮に祈念公園

豪雨災害の爪痕が残る村内で、当時の様子を語る佐古金二郎さん=奈良県十津川村で、数野智史撮影

奈良・十津川の65歳 「侮り、命取り」

 2011年9月の紀伊半島豪雨による水害で死者・行方不明者が13人に上った奈良県十津川村で、日本防災士会に所属するただ一人の防災士、佐古金二郎さん(65)=同村小原=が、村民の防災意識向上に向けて奔走している。水害のあったその年に防災士になった佐古さんは「あの大水害を経験した防災士として、もう誰一人として犠牲になってもらいたくない」。6年の節目を迎え、覚悟を新たにする。【数野智史】

 防災士について知ったのは11年7月ごろ、地域での避難訓練に初参加した時だった。村役場に集まった約1…

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1320文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  4. コシヒカリ4トン窃盗容疑で兄弟逮捕「数え切れないくらい盗んだ」 石川県警

  5. 国民「夫婦別姓やじは自民・杉田水脈議員」 玉木氏が指摘、本人否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです