メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

6回目核実験強行 憤りと不安 憤りと不安 「核兵器使われたら」実験強行、被爆者ら批判

平和監視時計「0」に 北朝鮮の核実験実施を受け、原爆資料館の志賀賢治館長(左)が、最後の核実験からの日数を記す「地球平和監視時計」を0にリセットした。上の数字は原爆投下からの日数=広島市中区で3日午後4時35分、竹内麻子撮影

 度重なるミサイル発射に続き、北朝鮮は3日、6回目の核実験を強行した。核廃絶を訴える被爆者や拉致被害者の家族は厳しく批判し、憤りをあらわにした。一方、国際社会の警告を無視し続ける北朝鮮の姿勢は変わらず、各地で不安の声も相次いだ。

 ●広島

 広島の被爆者で、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)代表理事の箕牧(みまき)智之さん(75)は「けしからんの一言」と語った。広島県や高知県では全国瞬時警報システム(Jアラート)の訓練や避難行動の呼び掛けが行われたが、箕牧さんは「核兵器は使われたら、逃げても意味がない。使われないようにするしかない」と力を込めた。

 広島県原爆被害者団体協議会理事長の佐久間邦彦さん(72)も「断じて許されるものではない」と憤った。…

この記事は有料記事です。

残り1590文字(全文1917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです