桂きん枝

四代目・桂小文枝襲名へ「一歩一歩、頑張る」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
桂小文枝への襲名記者会見をする桂きん枝さん=大阪市中央区で2017年9月4日午前11時10分、大西岳彦撮影
桂小文枝への襲名記者会見をする桂きん枝さん=大阪市中央区で2017年9月4日午前11時10分、大西岳彦撮影

 落語家の桂きん枝さん(66)が2019年春に桂小文枝の四代目を継ぐことが決まり、所属する吉本興業が4日、発表した。小文枝は明治時代から続く上方落語の名跡で、きん枝さんの師匠で「上方落語四天王」の一人、故・五代目桂文枝さんの前名。きん枝さんは「一歩一歩、先の師匠に近づけるよう頑張りたい」と抱負を述べた。

 きん枝さんは大阪市出身で1969年に入門。当時の人気番組「ヤングおー!おー!」(毎日放送)で一躍売れっ子になった。現在は上方落語協会の副会長として神戸・新開地に来夏開業する寄席の準備などを担当している。

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文413文字)

あわせて読みたい

注目の特集