メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮核実験

韓国大統領「最高レベルの反撃方法検討を」

国家安全保障会議で指示

 【ソウル大貫智子】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3日、北朝鮮による6回目の核実験を受け、約1時間半にわたり国家安全保障会議(NSC)を開催、国際社会と連携して「最高レベルの反撃方法」を検討するよう指示した。青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が明らかにした。文氏は引き続き北朝鮮に対話を呼びかけたが、実現は一層困難となり、有効な対応策を見いだせない状態だ。

 「憤怒せざるを得ない。国際社会からの孤立をさらに招くとんでもない戦略的ミス」。文氏はNSC冒頭、北朝鮮を強く非難した。「一日も早く核・ミサイル開発を中断し、対話の道に出てこなければならない」と呼びかけつつ、圧力を強める考えを表明。米韓両軍は3日、戦略爆撃機など「戦略資産」の展開について協議した。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです