メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮核実験

核阻止、戦略描けず 日本、制裁強化探る

報道陣の取材に応じる安倍晋三首相=首相官邸で2017年9月3日午後6時8分、長谷川直亮撮影

 日米韓3カ国は、6回目の核実験に踏み切った北朝鮮に対し、石油禁輸を含めた国連安全保障理事会での新たな制裁決議の採択などで、さらに圧力を強化したい考えだ。ただ、制裁の実効性で鍵を握る中国やロシアの協力をどこまで得られるかは不透明だ。着々と進む北朝鮮の核・ミサイル開発をいかに食い止めるかの戦略はいまだ描けていない。

 安倍晋三首相は3日、記者団に「北朝鮮の暴挙を止めることができるかどうかは国際社会の連携と連帯にかかっている」と強調した。そのうえで「米国、韓国に加え、中国、ロシアをはじめとする国際社会と連携し断固たる対応をとる」と語り、中露両国の協力が不可欠との考えを示唆した。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです