メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外 小池知事:国政新党「希望の党」代表に 一覧へ

「ICBM用の水爆」 爆発規模、過去最大

核の兵器化事業を指導する金正恩朝鮮労働党委員長。日時は不明。朝鮮中央通信が3日報じた=朝鮮中央通信・朝鮮通信

国営朝鮮中央テレビ「完全に成功」と発表

 北朝鮮の核実験場がある北東部・咸鏡北道吉州(ハムギョンプクドキルジュ)郡豊渓里(プンゲリ)付近で日本時間3日午後0時29分ごろ、爆発によると見られる地震が起きた。国営朝鮮中央テレビは日本時間同3時半からの「重大報道」を通じて大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に完全に成功したと発表した。北朝鮮の核実験は昨年9月9日の建国記念日以来で、6回目。今年1月のトランプ米政権発足後は初めて。

 気象庁によると、震源の深さは0キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.1と推定され「自然地震ではない可能性がある」という。爆発規模は前回核実験の約10倍となり過去最大となる。韓国気象庁はM5.7(推定)の人工地震としている。

 菅義偉官房長官は記者会見で「詳細は分析中だが、水爆実験だった可能性も否定はできない」と述べた。小野寺五典防衛相は、今回の実験の推定出力が約70キロトン(トリニトロトルエン火薬換算)だったとし、「過去の実験に比べてはるかに大きい」と説明。1945年に広島へ投下された原爆は15キロトン、長崎は21キロトンだったとした。

 北朝鮮が「水爆」と主張する実験は昨年1月6日以来2回目。核・ミサイル関連活動を禁じた国連安全保障理事会決議に違反し、国際社会が強硬姿勢を強めるのは必至だ。

 朝鮮中央通信は核実験に先立つ3日早朝、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、新たに製造されたICBMの弾頭部に装着する「水爆」を視察したと報じていた。同通信は開発した核弾頭について、電子機器をまひさせる電磁パルス(EMP)攻撃も可能な多機能弾頭と伝えた。

 北朝鮮は核実験後の核兵器研究所の声明で、水爆実験の爆発力などの指標が設計値に十分に到達したと表明した。水爆実験「成功」により、核弾頭の動作の信頼性が確認され、核爆弾の威力を任意に調整できる技術があることが示された、としている。

 一方、中国地震局は日本時間3日午後0時38分ごろにもM4.6の地震発生を探知したと伝え、地盤崩落が原因との見方を明らかにした。これに対し、日本の気象庁は、核実験に伴って発生するような地震の特徴も見られず、揺れの原因については「分からない」としている。北朝鮮と国境を接するロシア極東沿海地方の気象観測センターも核実験以降、大気中の放射線量の数値に上昇は見られず、正常と発表した。

 北朝鮮は7月4日にICBM「火星14」の初の発射実験を実施し、同28日には2回目を強行。射程は米シカゴやロサンゼルスに届く1万キロ超の可能性があると見られている。8月29日には米軍の要衝グアムを射程に収める中距離弾道ミサイル「火星12」(最大射程5000キロ)を発射、北海道上空を通過し、太平洋の公海上に落下させた。【米村耕一(ソウル)、秋山信一、金森崇之】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上野パンダ 名前はシャンシャン(香香)
  2. コトバ解説 「留置場」と「拘置所」と「刑務所」の違い
  3. 小池知事 関係者、動向に疑心暗鬼 国政復帰?新党関与?
  4. 愛知県警 留置の少年死亡
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]