眞子さま婚約内定

被災地からエール「娘のことのように」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 秋篠宮家の長女眞子(まこ)さま(25)と、法律事務所社員の小室圭さん(25)は3日、婚約内定を迎えられた。眞子さまは、東日本大震災の被災地をたびたび訪問し、被災者に寄り添う活動を続けてこられた。交流した人々は、婚約内定を祝福している。

 眞子さまは国際基督教大の学生だった2011年7月、震災でストレスを抱えた子どもの心のケアを目的としたボランティア活動に参加した。活動を企画したのは公益社団法人「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」(SCJ)。秋篠宮妃紀子さまからSCJの津田知子・国内事業部長(41)に「特別扱いはせず、一学生として経験を積ませていただきたい」と意向が伝えられたという。

 活動初日の7月2日、眞子さまは岩手県山田町の小学校を訪れた。小学生約30人を前にニックネームで「まこしーです」とあいさつした。ICレコーダーの製作を手助けする活動で子どもたちにアドバイスをし、完成した子に「すごいね。良かったね」と笑顔で声をかけた。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文796文字)

あわせて読みたい

ニュース特集