メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

自然と文化遺産に囲まれた世界最高峰の音楽祭~ザルツブルク音楽祭

ザルツブルクの祝祭大劇場前の風景

 オーストリアの西南部、ドイツとの国境にあるザルツブルクは、自然ゆたかな観光都市だ。アルプスに囲まれ、緑にあふれ、豊かな水源があり、街中を貫いてザルツァッハ川が流れる。音楽ファンにとっては、モーツァルトの生地として憧れの街。生家や住んだ家も残り、モーツァルト・ファンならずとも、一度は訪れたい「聖地」である。

 ひょっとしたらモーツァルト以上に、ザルツブルクと切っても切れない「音楽」といえば、「サウンド・オブ・ミュージック」かもしれない。ブロードウェーの人気ミュージカルが、作品の舞台であるザルツブルクで撮影されて映画になり、世界中で知られるようになった。第二次大戦下のザルツブルクで、修道院から軍人トラップ大佐の子供たちの家庭教師に迎えられ、家族を幸せにして大佐と結婚したマリアがヒロイン。最後は一家はナチ…

この記事は有料記事です。

残り5609文字(全文5964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです