メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「花」思い・春

東日本大震災 「家族」に感謝 福島・大熊

検体として解剖後、埋葬された牛に手向けられる花=福島県大熊町で2017年4月9日、小出洋平撮影

 今年4月、掘られた穴に獣医師らがチューリップなど束ねた花を手向けていた=写真中央。「黙とうします」。その場にいた皆が手を合わせ、目を閉じた。

 福島県大熊町の繁殖農家、池田美喜子さん(59)は今春、13頭の牛を安楽死させた。東京電力福島第1原発事故後も、避難先から通いながら約80頭を飼い続けた。しかし、帰還…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
  4. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです