メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

世界平和の真意

 中国の辛亥(しんがい)革命を主導した孫文が揮毫(きごう)した「世界平和」の書が北九州市立自然史・歴史博物館にある。革命による清の滅亡から約1年後の1913(大正2)年3月、後に安川電機を創立する安川敬一郎(1849~1934年)の邸宅に宿泊した際に書いたものだ。

 安川電機と市は現在、無人となった邸宅を観光施設に改修し、2019年秋に一般公開する計画を練っている。孫文の書は…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

  3. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  4. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  5. 手術7分「まるで重症患者…」 死亡男児の父の思いは 東京女子医大事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです