松森・板柳町議

豊田氏秘書辞職 経緯説明「兼職続けたかった」 /青森

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
報道陣の取材に応じる松森氏=板柳町役場で
報道陣の取材に応じる松森氏=板柳町役場で

 秘書への暴言や暴力行為が問題になった豊田真由子衆院議員(埼玉4区)の政策秘書を辞職した板柳町の松森俊逸町議(61)が4日、町議会全員協議会に出席し、経緯などを説明した。松森氏は議会後に取材に応じ、「両立させる自信があったが、取材が過熱し、秘書業務ができなくなった。兼職を続けたかった」などと述べた。

 松森氏によると、8月28日付の豊田氏による「解職届」を作成。豊田氏の近親者を介して本人の承諾を得た上で、今月1日に衆院事務局に提出した。松森氏は「自分の後援者や秘書と…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

あわせて読みたい

ニュース特集