朝倉駅周辺計画

検討会議が報告書案 複合施設や図書館整備 知多 /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
市庁舎やホテル、商業施設などの整備を目指す名鉄朝倉駅の西側地区=知多市で
市庁舎やホテル、商業施設などの整備を目指す名鉄朝倉駅の西側地区=知多市で

 知多市の玄関口・名鉄朝倉駅周辺地域の整備計画を検討してきた「朝倉駅周辺整備計画調査検討会議」(座長=大野栄治・名城大教授、委員13人)が、報告書案を宮島寿男市長に提出した。同市では案をもとに今月9日から10月14日にかけて市民ワークショップを3回開き、施設や機能に関するアイデアを求め、今後策定する基本構想に生かす予定。【林幹洋】

 同駅西側は市役所や市民体育館、勤労文化会館、警察署などの官公庁があるが、駅周辺にはコンビニエンスストア以外に商業施設はほとんどなく、市役所も老朽化している。報告書案では、駅を核としたにぎわいの交流拠点を整備するため、駅西側の約10万2000平方メートルを三つの街区に分け、複合商業施設や休憩施設、市役所や図書館、子育て支援施設、都市型住宅、ホテルなどを整備するとしている。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文588文字)

あわせて読みたい

注目の特集