時代祭

初の日本語解説 有料観覧に「まなび席」 京都市観光協会 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2016年の時代祭で京都御苑を練り歩く行列=京都市上京区で、小松雄介撮影
2016年の時代祭で京都御苑を練り歩く行列=京都市上京区で、小松雄介撮影

 「時代祭」(10月22日)の有料観覧席を京都市観光協会が販売している。英語解説に加え、初めて日本語の解説付きの「時代祭まなび席」を設け、祭りのことを詳しく知って楽しんでもらえるようにした。

 時代祭は1895年に始まった。平安から明治までの時代装束をまとった約2000人が京都市中心部を練り歩く。時代祭まなび席では、旅行企画を手がける「らくたび」(中京区)の若村亮さんによる音声ガイドをイヤホンで聞け…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

あわせて読みたい

注目の特集