メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀伊半島豪雨

6年 「大踊」これからも次代へ 地域の誇り守る 十津川 /奈良

数百年の歴史を伝える武蔵地区の「大踊」=奈良県十津川村で2006年8月

 十津川村では昔から、深い谷沿いなどに点在する集落ごとに8月になると盆踊りを舞い、次代へと引き継いできた。うち小原、武蔵、西川の3地区の踊りは「十津川の大踊(おおおどり)」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。2011年9月の紀伊半島豪雨による土砂崩れは集落を分断したが、住民らが「大踊」を中止することはなかった。今夏も8月13~15日、3地区でそれぞれ一夜ずつ人々が踊り、地域の誇る芸能を守った。【栗栖健】

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1114文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  4. ORICON NEWS Janne Da Arc解散にyasuが心境 現在もリハビリ「焦らずやらせてください」
  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです