メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大和森林物語

/6 土倉庄三郎の死 事績を後世に磨崖碑刻む /奈良

土倉屋敷前、吉野川対岸の断崖にある「土倉翁造林頌徳記念」の磨崖碑=田中淳夫さん提供

 1917年7月19日、土倉庄三郎(どぐらしょうざぶろう)は永眠する。髄性肝臓ガンだった。享年77歳。

 庄三郎の晩年は、必ずしも恵まれていたとは言えない。家督を譲った長男鶴松が、無謀な事業に投資して土倉家の力の源泉であった山林を大方失ったのだ。次男龍治郎が台湾で展開していた事業も、その穴埋めのため処分せざるを得なかった。

 零落したとはいえ庄三郎は、地方の名士としての顔は保った。各地の寺院の山林を巡る紛争を仲裁したり、生…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです