メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大和森林物語

/6 土倉庄三郎の死 事績を後世に磨崖碑刻む /奈良

土倉屋敷前、吉野川対岸の断崖にある「土倉翁造林頌徳記念」の磨崖碑=田中淳夫さん提供

 1917年7月19日、土倉庄三郎(どぐらしょうざぶろう)は永眠する。髄性肝臓ガンだった。享年77歳。

 庄三郎の晩年は、必ずしも恵まれていたとは言えない。家督を譲った長男鶴松が、無謀な事業に投資して土倉家の力の源泉であった山林を大方失ったのだ。次男龍治郎が台湾で展開していた事業も、その穴埋めのため処分せざるを得なかった。

 零落したとはいえ庄三郎は、地方の名士としての顔は保った。各地の寺院の山林を巡る紛争を仲裁したり、生…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1101文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです