えひめグローバルネットワーク

大人の学び場、モザンビークに 「公民館」建設へ、資金募る 松山のNPO /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
モザンビーク・シニャングァニーネ村の人々と公民館建設を進める竹内よし子代表理事(前列右から2人目)=2016年11月、えひめグローバルネットワーク提供
モザンビーク・シニャングァニーネ村の人々と公民館建設を進める竹内よし子代表理事(前列右から2人目)=2016年11月、えひめグローバルネットワーク提供

 長く内戦が続いたアフリカ東部のモザンビークで、市民の間に残された武器を回収するために放置自転車を送ってきた松山市のNPO「えひめグローバルネットワーク(EGN)」が、アフリカ初となる「公民館」の建設を現地で進めている。大人が学び、雇用の機会を生む「コミュニティー・ラーニング・センター」、別称KOMINKANとして11月に開館する予定。インターネットのクラウド・ファンディング(CF)で不足分の資金を募っている。【松倉展人】

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文887文字)

あわせて読みたい

注目の特集