メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この人!/福岡

エンターテイナー警部補 渡辺賢治さん /福岡

巧みな芸で交通安全訴え 事故減らすのが究極の目的 渡辺賢治さん(58)

 「ずっと刑務所に入っていた男がやっと外に出られた喜びを歌っているんです。勘のいい方はもうお分かりかもしれません」。そう言いながらクラシックギターを片手に歌い始めた。シャバダバダ・シャバダバダ---。

 8月上旬、西区の公民館であった高齢者向けの交通安全教室。ギターの弾き語りや手品を交えながら漫談のように進む20分の安全教室は、参加者の笑い声と共にあっという間に過ぎた。参加者からは「こういう話は初めて。楽しかった」「少し笑いが入っている方が普通の話より覚えている」と評判も上々だ。

 フォークギターに憧れていた中学1年のころ、3歳年上の姉のクラシックギターを勝手に弾き始めた。お小遣…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 新国立競技場、年十数億円赤字も だれも「手を挙げない」民営化先送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです