メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バングラデシュ

ロヒンギャ難民急増 ミャンマーから8.7万人

村を追われて避難するロヒンギャ難民とみられる女性ら。ミャンマー西部ラカイン州で8月26日に撮影したという=ロヒンギャ住民提供

 【ニューデリー金子淳、バンコク西脇真一】ミャンマー西部ラカイン州で少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の武装集団と治安部隊の衝突が激化する中、隣国バングラデシュに逃れるロヒンギャ難民が急増している。ロイター通信などによると、戦闘が激化した8月25日以降、約8万7000人が越境した。バングラには以前からミャンマーを逃れた約35万人のロヒンギャ難民が暮らしているが、難民人口の爆発的な増加で、人道危機が深まっている。

 「多くの女性や子供が近くの山に避難している。雨が続いておりひどい状況だ」。ラカイン州ブティドウンに…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです