メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

「家族」のお別れ、自分らしく

「死んだ日の夜は家で一緒に過ごしたい」「友達が弔問に来るので祭壇として使いたい」といった声に応えてペット用の葬送セットも作ったと説明する杉下さん=銅山智子撮影

 「家族」として一緒に暮らしたペットだから、死んだときのお別れも家族のように--。ペットの葬送の際に利用する、人間同様の商品やサービスが広がりつつある。

 ●最高級ドレスで

 「ペットは長い時間を共に過ごした『いとしい子』。感謝の気持ちを込め最高級のフォーマルを着せて送りたい、と考える飼い主さんから問い合わせをいただく」

 こう話すのは「エピローグサロン光の庭」(横浜市中区)を主宰するコスチュームプランナーの杉下由美さん…

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1330文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです