メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

「家族」のお別れ、自分らしく

「死んだ日の夜は家で一緒に過ごしたい」「友達が弔問に来るので祭壇として使いたい」といった声に応えてペット用の葬送セットも作ったと説明する杉下さん=銅山智子撮影

 「家族」として一緒に暮らしたペットだから、死んだときのお別れも家族のように--。ペットの葬送の際に利用する、人間同様の商品やサービスが広がりつつある。

 ●最高級ドレスで

 「ペットは長い時間を共に過ごした『いとしい子』。感謝の気持ちを込め最高級のフォーマルを着せて送りたい、と考える飼い主さんから問い合わせをいただく」

 こう話すのは「エピローグサロン光の庭」(横浜市中区)を主宰するコスチュームプランナーの杉下由美さん…

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1330文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. ORICON NEWS 逆ナンにハマる肉食女子や“やっちゃう系”のヅカ女子に密着
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです