メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 久保利明王将-羽生善治王位 第13局の1

ベテラン対決

 3回戦の第3局。久保は三浦九段と行方八段を降して2連勝。羽生は広瀬八段に勝ち、豊島八段に敗れて1勝1敗。タイトルを背負うベテラン対決は、今期リーグのけん引役争いという性格を帯びる。序盤戦の一つの山場となるのではないか。

 8月17日、東京。この日は大詰めを迎えた「第61回三段リーグ」だけでなく、年に1度しかない奨励会試験の中日でもあった。4階は奨励会員と受験生であふれ、本局は対局予備室ともいえる5階の「香雲」の間に配された。A級リーグでの使用は異例のことだろう。

 対局中、しばしば階下に足を運び、入会試験の様子を眺めた。奨励会幹事を務める小倉久史七段と近藤正和六…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文912文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです