特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

20年東京パラリンピック

女性選手最多 IPC決定、22競技537種目実施

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国際パラリンピック委員会(IPC)は4日、アブダビで理事会を開き、2020年東京パラリンピックで22競技537種目を実施することを決めた。IPCによると、参加人数は史上最多の4400人で、女性選手の参加は少なくとも1756人となり過去最多となる見込み。女性選手の参加増は、東京五輪の種目決定でも重視されており、IPCと国際オリンピック委員会(IOC)が足並みをそろえる格好になった。

 東京大会では、バドミントンとテコンドーが新競技になる。さらに重度障害者がプレーするボッチャの出場選手数が、前回の16年リオデジャネイロ大会から8人増えて116人となった。IPCのフィリップ・クレーブン会長は「大会の経費を増やさない範囲で、女性と特別な支援が必要なアスリートの参加人数を増やしたかった。東京大会では最高の舞台を見せることができると信じている」と語った。

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文506文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集