メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

女性選手最多 IPC決定、22競技537種目実施

 国際パラリンピック委員会(IPC)は4日、アブダビで理事会を開き、2020年東京パラリンピックで22競技537種目を実施することを決めた。IPCによると、参加人数は史上最多の4400人で、女性選手の参加は少なくとも1756人となり過去最多となる見込み。女性選手の参加増は、東京五輪の種目決定でも重視されており、IPCと国際オリンピック委員会(IOC)が足並みをそろえる格好になった。

 東京大会では、バドミントンとテコンドーが新競技になる。さらに重度障害者がプレーするボッチャの出場選手数が、前回の16年リオデジャネイロ大会から8人増えて116人となった。IPCのフィリップ・クレーブン会長は「大会の経費を増やさない範囲で、女性と特別な支援が必要なアスリートの参加人数を増やしたかった。東京大会では最高の舞台を見せることができると信じている」と語った。

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです