メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市

給料「前借り」お買い物 雇用者が代金支払い 特区提案

 月1回の給料日でなくても働いた分の賃金で買い物や食事ができる--。そんな規制緩和策を、国家戦略特区に指定されている福岡市が4日、東京都内であった区域会議で提案した。認められれば、全国初の試みとなる。

 賃金は、労働基準法で「通貨で直接労働者にその全額を支払わなければならない」と規定しているが、特区でこの規制を撤廃する。

 市内のベンチャー企業「ドレミング」が開発したスマートフォンのアプリを採用する計画。労働者には日ごと…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  3. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  4. 青森・岩木山で初雪 昨年より13日早く

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです