メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市

給料「前借り」お買い物 雇用者が代金支払い 特区提案

 月1回の給料日でなくても働いた分の賃金で買い物や食事ができる--。そんな規制緩和策を、国家戦略特区に指定されている福岡市が4日、東京都内であった区域会議で提案した。認められれば、全国初の試みとなる。

 賃金は、労働基準法で「通貨で直接労働者にその全額を支払わなければならない」と規定しているが、特区でこの規制を撤廃する。

 市内のベンチャー企業「ドレミング」が開発したスマートフォンのアプリを採用する計画。労働者には日ごと…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文618文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ジョンソン前外相が英保守党新党首に 24日に首相就任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです