メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

発生2カ月 心の不調、延べ195人 PTSDの恐れも

 九州北部豪雨で心の不調を訴える被災者が福岡、大分両県で少なくとも延べ195人に上ることが分かった。災害派遣精神医療チーム(DPAT)を派遣した両県が明らかにした。心の不調は心的外傷後ストレス障害(PTSD)になる可能性があり、専門家は継続的なケアの必要性を指摘。両県で死者36人、行方不明者5人を出した豪雨は5日で発生から2カ月を迎えた。

 DPATは、精神科医や保健師らで構成されるチーム。福岡県では豪雨5日後の7月10日から8月29日ま…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文917文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まで、 あと2勝
  3. OPEC減産緩和 組織への影響、不透明
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]