メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新江ノ島水族館

刺激で光るカンテンナマコ 駿河湾で採取

新江ノ島水族館で展示されているカンテンナマコの一種=新江ノ島水族館提供

 発光する深海生物カンテンナマコ科の一種が、神奈川県藤沢市の新江ノ島水族館で展示されている。同水族館と共同で深海生物の長期飼育の研究を行っている国立研究開発法人「海洋研究開発機構」の研究船が、駿河湾の水深979メートルの海底から採取した。

 体長は約18センチで体は赤色だが、刺激を受けると青く光り出す…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです