メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

「背中のガラス、抜いてくれ」惨状語り反戦訴え

自ら描いた原爆の絵を背景に体験を語る広中正樹さん=広島県福山市鞆町鞆の鞆の津ミュージアムで、松井勇人撮影

 焼けただれた父の背中には無数のガラスが刺さっていた。「正樹、抜いてくれ」。5歳の私は素手で、ペンチで懸命に抜こうとしたが、抜けなかった--。2年前解散した広島県福山市原爆被害者の会で会長を務めた広中正樹さん(77)=福山市手城町2=の講演会が先月、同市鞆町鞆、鞆の津ミュージアムで開かれた。広中さんは「今にも戦争が起きそうなことが言われているが、戦争は互いにみじめな思いをする。絶対になくさないといけない」と訴えた。【松井勇人】

 広中さんは5歳の時、爆心地から約3.5キロの広島市己斐(こい)町(現・西区)にある自宅近くを流れる…

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文965文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです