自民・竹下氏

「どこが不適切?」 島根発言、撤回せず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北朝鮮のミサイル発射に関する自身の発言について報道陣の質問に答える自民党の竹下亘総務会長=首相官邸で2017年9月4日午後0時25分、川田雅浩撮影
北朝鮮のミサイル発射に関する自身の発言について報道陣の質問に答える自民党の竹下亘総務会長=首相官邸で2017年9月4日午後0時25分、川田雅浩撮影

 自民党の竹下亘総務会長(衆院島根2区)は4日、北朝鮮の弾道ミサイルが「島根に落ちても何の意味もない」という3日の発言について、「どこが不適切か」と記者団に語り、撤回しない考えを示した。

 北朝鮮は米領グアム周辺を狙う弾道ミサイルが島根、広島、高知各県の上空を通過すると予告している。竹下氏は「ミサイル…

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文286文字)

あわせて読みたい

ニュース特集