前原体制

多難な船出 「山尾幹事長」断念、求心力なく

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 民進党の前原誠司代表は5日の党両院議員総会の直前、幹事長人事の見直しを迫られた。人事刷新を狙った山尾志桜里元政調会長の幹事長への抜てきには、当初から党内に反発や不安の声があったとはいえ、新代表がいったん固めた人事を翻さざるを得ないほど、今の同党には求心力がない。前原体制の前途は多難だ。

 山尾氏の幹事長起用が内定したのは3日。この情報を聞いたある中堅議員は「前原氏は外向けの刷新感を選んでしまった。党内にはマイナスの選択で、憂慮している」と漏らした。ベテラン議員からは「『幹事長の幹事長』を置かなければいけない」と、衆院当選2回の山尾氏の経験不足を懸念する…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文698文字)

あわせて読みたい

ニュース特集