メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BRICS首脳会議

米に対抗、色濃く 反保護主義宣言

BRICS首脳会議の会場で記念写真に納まる5カ国の首脳ら=中国福建省アモイで2017年9月4日、ロイター

 【アモイ(中国福建省)河津啓介】中国、ロシア、インド、ブラジル、南アフリカの新興5カ国(BRICS)首脳会議は4日、中国福建省アモイで「アモイ宣言」を採択した。保護主義への反対を表明し、米トランプ政権に対抗する色合いの濃い内容となった。また、3日の北朝鮮による核実験を強く非難し、朝鮮半島情勢の「平和的な対話による解決」を訴えた。

 国営新華社通信によると、「宣言」は「あらゆる国、人々がグローバル化の利益を分かち合える開放的な世界…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  4. 用水路の水、ぜんぶ抜こうとしたら…ブラックバス釣り人から抗議殺到 茨城・潮来

  5. テレ東「池の水ぜんぶ抜く」 東日本大震災での護岸崩壊も判明 茨城・潮来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです