メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よくわかるニュース

8月のニュースファイル4(2017年10月号より)

[PR]

■38年ぶり野生カワウソ、絶滅種の生き残り?

 長崎県・対馬で野生のカワウソを撮影したと琉球大学の伊沢雅子教授(動物生態学)が8月17日、発表しました。野生の撮影は1979年に高知県須崎市でニホンカワウソが撮られて以来、38年ぶりです。

 今回のカワウソの映像は2月に撮影したもので、残されたふんをDNA型鑑定*した結果、少なくとも2匹いる可能性があるとわかりました。朝鮮半島から海を渡ってきたユーラシアカワウソか、絶滅したニホンカワウソの生き残りか--。今後、環境省が調査を進めます。

 ニホンカワウソは乱獲や河川のよごれ、護岸工事で減り、2012年に絶滅が宣言されています。

*DNA型鑑定……細胞のDNA(デオキシリボ核酸)をつくる4種類の化学物質のならび方を調べること。

カワウソ

 イタチの仲間。世界に13種類おり、水辺で魚などを食べてくらす。ニホンカワウソはかつて全国にいたが、しだいに姿を消し、1965年に国の特別天然記念物に指定された。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです