メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『料理書のデザイン』鈴木めぐみ/編

思わず作りたくなる料理の見せ方・魅せ方

◆『料理書のデザイン いま知っておきたい100冊 “おいしさ”を伝える見せ方とアイデア』鈴木めぐみ/編(誠文堂新光社/税別3200円)

 料理書、つまり、レシピを集めた本を開くのはどんなときだろう。私だったら、仕事が一段落したとき。忙中は、手癖で料理をしているから。やったことない方法を試してみようとか、漬けだれの配合を変えようかとか、そういう風に、台所に向かう気持ちに余裕ができたとき、開く。

 この『料理書のデザイン』は、サブタイトルには「100冊」とあっても、実際には128冊の料理書が掲載…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文920文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  3. 大山古墳 40メートル大きかった 築造当時、全長525メートル 宮内庁測量 周濠の水面下にも墳丘
  4. 歴史散歩・時の手枕 大山古墳(仁徳天皇陵、堺市堺区) 風格堂々 都会の森
  5. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです