メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

開沼 博・評『生涯投資家』村上世彰・著

日本経済の転換点を語る平成の歴史資料でもある

◆『生涯投資家』村上世彰・著(文藝春秋/税別1700円)

 これまで新聞・雑誌で数百冊の本を紹介してきたが、その裏には、紹介したくても紹介できない本も無数にあった。

 紹介できない理由はさまざまだが、一つのパターンは、一度、スキャンダルの中で世間から排除された人や組織の本だ。当然、修羅場を経験した人の話は面白くて誰かに勧めたくなる。ただ、「人情噺(ばなし)が織り交ぜられた元悪人の言い訳にころっと騙されているだけでは」と自信が持てなかったり、誰かにそう見られるのではと不安になったりもする。この本にもそんな逡巡(しゅんじゅん)を感じなかったわけではない。それでも本書の魅力を誰かに紹介したくなってしまったのは、私の価値観・世界観を決める原体験の一つに、著者の村上世彰(よしあき)が最終的に逮捕されるに至る10年あまり前の一連の事件があったことを改めて感じたからだ。

 ライブドア事件や村上ファンド事件があった当時、私は大学の学部生だった。少し年上の物書きの先輩から「…

この記事は有料記事です。

残り1051文字(全文1504文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くれぐれも飲み過ぎない」 ビザなし交流で注意 丸山議員発言で警戒
  2. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. 熊谷36.2度 全国16地点で猛暑日に 15都道県に高温注意情報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです