メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/52 望月農園、発信。 作・荻原浩 画、佃二葉

=画、佃二葉

 苺(いちご)か、それとも富士山か、で恵介(けいすけ)は悩んでいる。

 ホームページの表紙のメインビジュアルのことだ。十何年もグラフィックデザイナーをやっているが、ひとつのデザインにこんなに悩んだのは初めてかもしれない。

 目の前のパソコン画面に浮かび上がらせているのは、すでに制作した望月農園のロゴマーク〈横書きバージョン〉だ。

 『望月農園』の四文字は、印鑑などに使われる象形文字風の篆(てん)書体を現代的にアレンジした恵介のオリジナル書体。『望月』と『農園』の間には、満月を表す黄色い真円が描いてある。

この記事は有料記事です。

残り2913文字(全文3164文字)

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです