メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/54 そして、実りの冬が来る 作・荻原浩 画、佃二葉

=画、佃二葉

 ハウスの中に耕運機に似た音が響き渡っている。種類の違う二台の耕運機がてんでにエンジンを吹かしているような騒がしい音だ。

 バタタタタタタタタタタタ。

 バタバタバタバタバタバタ。

 ひとつは雨が高設ベンチを包んだマルチシートを叩(たた)く音。もうひとつは、そのマルチシートの一部が風にめくれあがってはためく音。

 雨は上からではなく横から降りかかってくる。かぶっていたフードはとっくに風にむしり取られていた。恵介(けいすけ)は懐中電灯を小脇に挟み、合羽(かっぱ)を着たままシャワーを浴びてしまったようなありさまで、めくれたシートを固定用のベルトでくくり直す。

この記事は有料記事です。

残り2914文字(全文3191文字)

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. ホンダが準決勝進出 先発・朝山が好投 西部ガス敗退 都市対抗

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです