メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/55 皮算用あるいは大いなる戦略 作・荻原浩 画、佃二葉

=画、佃二葉

 ぷうぅぅぅん。

 第一ハウスに入ると、クロマルハナバチが、蜜蜂よりたくましいF1マシンみたいな羽音を立てて顔の前を横切っていった。

 第二ハウス同様、こちらも高畝(うね)に繁る緑葉の下にちらほらと、赤く染まりかけた実が顔を見せはじめたばかりだ。土耕で紅ほっぺだけを栽培しているここの苺(いちご)は、基本的に親父(おやじ)のやり方を踏襲して育てあげた。

 マル秘ノートのメモ書きと数値が頼りだった五月までの前シーズンと違って、今回はノートの筆者がすぐそばにいるわけだから話が早い――と思ったらこれが大間違いだった。

この記事は有料記事です。

残り2944文字(全文3199文字)

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです