メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外貴乃花親方 相撲協会に退職届
連載小説 ストロベリーライフ

/55 皮算用あるいは大いなる戦略 作・荻原浩 画、佃二葉

=画、佃二葉

 ぷうぅぅぅん。

 第一ハウスに入ると、クロマルハナバチが、蜜蜂よりたくましいF1マシンみたいな羽音を立てて顔の前を横切っていった。

 第二ハウス同様、こちらも高畝(うね)に繁る緑葉の下にちらほらと、赤く染まりかけた実が顔を見せはじめたばかりだ。土耕で紅ほっぺだけを栽培しているここの苺(いちご)は、基本的に親父(おやじ)のやり方を踏襲して育てあげた。

 マル秘ノートのメモ書きと数値が頼りだった五月までの前シーズンと違って、今回はノートの筆者がすぐそば…

この記事は有料記事です。

残り2974文字(全文3199文字)

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  2. リカちゃん人形 賢明女子学院中・高制服で登場 購入予約700体 姫路 /兵庫
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 皇室 皇太子ご夫妻が福岡入り 昨年の豪雨被災地にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです