メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/55 皮算用あるいは大いなる戦略 作・荻原浩 画、佃二葉

=画、佃二葉

 ぷうぅぅぅん。

 第一ハウスに入ると、クロマルハナバチが、蜜蜂よりたくましいF1マシンみたいな羽音を立てて顔の前を横切っていった。

 第二ハウス同様、こちらも高畝(うね)に繁る緑葉の下にちらほらと、赤く染まりかけた実が顔を見せはじめたばかりだ。土耕で紅ほっぺだけを栽培しているここの苺(いちご)は、基本的に親父(おやじ)のやり方を踏襲して育てあげた。

 マル秘ノートのメモ書きと数値が頼りだった五月までの前シーズンと違って、今回はノートの筆者がすぐそば…

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  3. 韓国、「威嚇飛行」の画像公開 レーダー測定高度も
  4. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  5. 高橋留美子さん欧州最大規模の漫画祭でグランプリに 「極めて進歩主義的」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです