メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/56 何を為すために自分は生まれたのか。 作・荻原浩 画、佃二葉

=画、佃二葉

 『富士望月いちご』の販売は「収穫できしだい順次出荷」とあらかじめ断り、到着日はこちらに任せてもらうシステムだ。朝採りした苺(いちご)をただちにパッケージに詰めて出荷する。送料は別。

 完熟苺が一般に出まわらない理由のひとつは、輸送が難しい点にある。宅配用のパッケージづくりは苺をつくるのと同様、試行錯誤の繰り返しだった。製作を依頼した学生時代の友人のプロダクトデザイナーには、ずいぶん無理を言った。

 採用したのは桃の輸送方法を苺用に改良したやり方だ。苺ひとつひとつにフルーツキャップと呼ばれる発泡ス…

この記事は有料記事です。

残り2916文字(全文3166文字)

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです