メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/56 何を為すために自分は生まれたのか。 作・荻原浩 画、佃二葉

=画、佃二葉

 『富士望月いちご』の販売は「収穫できしだい順次出荷」とあらかじめ断り、到着日はこちらに任せてもらうシステムだ。朝採りした苺(いちご)をただちにパッケージに詰めて出荷する。送料は別。

 完熟苺が一般に出まわらない理由のひとつは、輸送が難しい点にある。宅配用のパッケージづくりは苺をつくるのと同様、試行錯誤の繰り返しだった。製作を依頼した学生時代の友人のプロダクトデザイナーには、ずいぶん無理を言った。

 採用したのは桃の輸送方法を苺用に改良したやり方だ。苺ひとつひとつにフルーツキャップと呼ばれる発泡スチロールのネットをかけ、卵パックの下半分のような紙製の中敷きにひと粒ずつ収める。さらに紙パッキンやクッションシートなどの緩衝材で全体を覆う。苺と富士山を筆絵のタッチで描いたパッケージデザインはもちろん恵介(けいすけ)作。

この記事は有料記事です。

残り2806文字(全文3166文字)

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです