メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/57 振り返るな。過去に未来はない。 作・荻原浩 画、佃二葉

=画、佃二葉

 一時間に二本のバスが停留所へ到着する時刻がくるたびに、誰かがこちらへ歩いてこないかと恵介(けいすけ)は路上に走り出る。サンタクロースのコスプレ姿で。

 開園から一時間が経(た)ったが、いまだ客はゼロ。道には近づく車の影もなかった。白い髭(ひげ)までつけた扮装(ふんそう)に寒風が沁(し)みる。

 ようやく一台の車がやってきたのは、十時半を過ぎた頃だ。外国製のSUV。車種を知り尽くしている近隣の人間の車じゃない。最初の客だ!

 誘導用のペンライトを振り、営業用スマイルを顔に張りつかせていた恵介は、すぐに肩を落とす。見たことがある車だと思ったら、運転席で手を振って笑っているのは、雅也(まさや)さんだった。

この記事は有料記事です。

残り2871文字(全文3173文字)

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです