メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/57 振り返るな。過去に未来はない。 作・荻原浩 画、佃二葉

=画、佃二葉

 一時間に二本のバスが停留所へ到着する時刻がくるたびに、誰かがこちらへ歩いてこないかと恵介(けいすけ)は路上に走り出る。サンタクロースのコスプレ姿で。

 開園から一時間が経(た)ったが、いまだ客はゼロ。道には近づく車の影もなかった。白い髭(ひげ)までつけた扮装(ふんそう)に寒風が沁(し)みる。

 ようやく一台の車がやってきたのは、十時半を過ぎた頃だ。外国製のSUV。車種を知り尽くしている近隣の人間の車じゃない。最初の客だ!

 誘導用のペンライトを振り、営業用スマイルを顔に張りつかせていた恵介は、すぐに肩を落とす。見たことがある車だと思ったら、運転席で手を振って笑っているのは、雅也(まさや)さんだった。

この記事は有料記事です。

残り2871文字(全文3173文字)

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです