メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/58止 『君と一緒なら僕は強くなれる』 作・荻原浩 画、佃二葉

=画、佃二葉

「離れ離れで暮らそう」

 美月(みづき)が来たら、恵介(けいすけ)はそう言うつもりだった。そして、

「でも、家族でいてくれ」と。

 東京生まれで、パーツモデルの仕事を再開した美月に、静岡に住んでくれとは言えない。だから、農園が軌道に乗ったら、静岡と東京の中間あたりに家を建てようと恵介は考えている。それまでは単身赴任だと思って、いまの自分が為(な)そうとしていることを認めて欲しい、そう伝えようと決めていた。

 美月と出逢(であ)ったのは、時計メーカーの企業広告の撮影スタジオだ。入社五年目の恵介が初めて任された仕事だった。ひと目惚(ぼ)れした。デザイナーとして、その手と指の美しさに。

この記事は有料記事です。

残り2867文字(全文3157文字)

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです