メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

 9月4日、1975年に生後7日で死亡した息子の遺体の扱いを巡る真実を知りたいと願う母親の求めに応じ、裁判所の命令でエディンバラの墓所が掘り返され、棺が空だったことが明らかになった(2017年 ロイター/Russell Cheyne)

[PR]

 [エディンバラ 4日 ロイター] - 1975年に生後7日で死亡した息子の遺体の扱いを巡る真実を知りたいと願う母親の求めに応じ、裁判所の命令でエディンバラの墓所が掘り返され、棺が空だったことが明らかになった。

 BBCが報じた。それによると、この母親リディア・レイドさん(68)は、病死した息子の遺体から臓器が無断で摘出されたとの疑いを持っており、葬儀の日に棺が異常に軽かったことから、棺は空だったのではと考えてきたという。

 1990年代にリバプールの病院で子供の遺体の一部を研究目的で違法に保存していた疑いで公式調査が行われたことを受け、レイドさんはスコットランドの病院における違法献体の実態の告発を主導してきた。

 レイドさんは「間違いであってほしかった。(だが)法医学者が覆いを取り除くと(棺の中には)何もなかった」と語った。

 また「荼毘に伏されたにせよ、病院の瓶の中に保存されているにせよ、そのことを知りたい。息子を取り戻せるならそうしたいし、できないならせめて、真実を知らせて心の平安を与えてほしい」と述べた。

 現地の国民保健当局者は「この件は現在警察が調査中のため、コメントはできない」としている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです