メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界柔道

日本選手団、帰国の途 視線は次の戦い(スポニチ)

 柔道世界選手権日本選手団は大会閉幕から一夜明けた4日、帰国の途に就いた。男子66キロ級金メダルの阿部(日体大)は自身の試合から6日経過しているとあり「もうだいぶ落ち着いて先を見ています」と話した。

     今後は1大会を挟みグランドスラム(GS)東京大会(12月1~3日、東京体育館)に出場予定。世界選手権の優勝者は、GS東京も優勝すれば来年の世界選手権(アゼルバイジャン・バクー)の代表に内定するとあり「しっかり勝って枠を獲りたい」と話した。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 民泊監禁 大型バッグ所在不明 米国籍容疑者が処分か
    2. 梅田墓 大阪駅前に200人分の骨 江戸時代の墓地、初調査 うめきた再開発地区
    3. 民泊監禁 逮捕の米国籍容疑者 SNS通じ女性と接触か
    4. 五輪スケート 高木菜が金で初代女王に マススタート
    5. 五輪スケート 韓国選手、銀でも謝罪 女子マススタート

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]