メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊400年への道

囲碁 90歳代「神様」夫妻=金沢盛栄

二人で打った対局の検討をする杉内雅男九段(左)と妻の寿子八段=東京都内で

 “将棋界のレジェンド”として知られる加藤一二三九段(77)が引退したのは6月中旬のこと。棋士生活は60年以上に及んだ。

 囲碁界に目を向けると、そのレジェンドを上回る棋士が健在である。1920(大正9)年生まれの96歳、杉内雅男九段だ。棋士生活は80年を超え、真摯(しんし)な姿勢から「囲碁の神様」の異名をとる。実は妻の寿子(かずこ)八段(90)も現役棋士。二人は今も対局をこなし、棋道を究めるべく碁盤に向かっている。夏も真っ盛りの頃、東京・駒沢公園近くに居を構える自宅をうかがった。

 「勝てませんねえ。今年はまだ1勝しかしていません」。雅男九段は笑顔を見せながら嘆いた。「でも引退は考えていませんよ。夢をはぐくむ職業。今日よりは明日。まだ、いくらかでも進歩すると思ってやっています。そう思えなくなったら終わりですから」

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文893文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです