メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美術

宮崎進 すべてが沁みる大地 不条理、でもなお=評・高橋咲子

(右から)「『ヒロシマ』この大地の上で」(広島市現代美術館)、「Land」の2作(すべて2006年)

 ◆すべてが沁(し)みる大地

 終戦後抑留されたシベリアで辛酸をなめ、その体験をもとに1980年代末から発表してきた「シベリアシリーズ」で知られる宮崎進氏。95歳になった作家からの働きかけで、シベリアシリーズを中心に、未発表作品を多数展示した個展が実現した。名誉館長を務めるなど縁の深い多摩美術大美術館(東京都多摩市)で、自身の思いを反映した展示空間となった。

 作品は抽象的に表現されているが、目の前にすると、はっきりとした情景が立ち上る。第1室にある、和紙を…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文671文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです