メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 死者・行方不明者41人を出した九州北部豪雨は5日、発生から2カ月を迎えた。福岡県朝倉市を東西に貫く国道386号を車で走ると、元の街並みを取り戻しつつあるように見える。寸断されていた国道は復旧し、流れ込んだ土砂や流木の多くは片付けられ、発生後に行き交っていた自衛隊車両は見られない。

 しかし、赤谷川や乙石川、寒水川など筑後川の支流沿いに道を上がると、今も豪雨の爪痕は…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです