メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
コレ・良かんべ

栃木市中心部、県内初の「理容遺産」 市村理髪館 明治時代にタイムスリップ /栃木

岡田記念館内の市村理髪館

 県内で唯一、国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建地区)に選定されている栃木市中心部の「嘉右衛門町(かうえもんちょう)」地区に、県内で最も古いとされる理髪店が保存されている。

 明治初期、旧家・岡田家の敷地の一部を借りて開業した「市村理髪館」。このほど、明治期の建物や道具が現在まで残っているのは珍しいとして、歴史的価値のある理容店や器具を後世に残すために全国理容連合会が選ぶ「理容遺産」にも県内で初めて選定され、改めてその価値に注目が集まりそうだ。

 市村理髪館を管理する岡田記念館の岡田陽子館長(81)によると、「当時は『いちげんさんお断り』で格式…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文628文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです